Logo
Logo2 オンラインでピアノのアドバイスを受けてみませんか?

Postとは?

あなたの演奏動画に対して海外で活躍中の現役ピアノ指導者/ピアニストがインターネット上でアドバイスいたします

時間のご都合や地理的な問題で、実際のレッスンに通うことができない方に

いつものレッスンとは異なる視点からのアドバイスを欲しい方に(いつも習っている先生へのご確認をしてください。)

ご利用方法

1.演奏の様子を撮影する

動画の撮影は、スマートフォン/タブレットでも簡単にできます。

2.動画をアップロードする

撮影した動画を、Youtubeにアップロードしてください。必ずしも動画を編集する必要はありません。

3.お申込をする

コメントをもらいたい先生を選択してお申し込みをしてください。

4.コメントを見る

先生からのコメントがつくまで数日をいただきます。期間は先生により変動いたします。

ご利用料金

動画再生時間 料金
00分30秒 ~ 03分00秒 6,500円
03分01秒 ~ 05分00秒 8,500円
05分01秒 ~ 07分00秒 10,500円

  • ユーザー登録は無料です。
  • 表示価格は全て税込み価格です。
  • 時間は動画全体の再生時間です。
  • 07分00秒を超える再生時間の動画は受付ておりません。
  • お申込につき別途システム利用料(324円)がかかります。

指導者一覧

Img 7256 1 ba recortado
西本 夏生 先生(ニシモト ナツキ)

【プロフィール】
早稲田大学、東京芸術大学大学院を経てスペイン・バルセロナに渡西。以降カタルーニャ高等音楽院(ESMUC)修士課程を修了し、現在はカステジョン高等音楽院修士課程に在籍しながら、様々なミュージシャンとの幅広い交流の中で研鑽を積んでいる。日本にて中村明美、宮澤功行、木内泰子、迫昭嘉各氏に師事。スペインでは、かつてルービンシュタインに師事したことでも有名なフランス人ピアニストのピエール・レアク、またクラスに所属する生徒の9割が国際コンクールでの優勝・入賞経験を持つ名教師、キューバ人ピアニストのレオネル・モラレス各氏にピアノを師事。特にモラレス門下においては、日本人で初めての正式な門下生として迎えられた。

第1回San Giovanni Teattino国際ピアノコンクール 第1位、第6回Campillos国際ピアノコンクール 第2位、第13回Spanish composers国際ピアノコンクール 第3位、第15回Jose Roca国際ピアノコンクール第3位、第27回スペインCidade Ferrol国際ピアノコンクール スペイン音楽賞、第20回 イブラ・グランドプライズ国際音楽コンクール 最優秀演奏者賞並びにヒナステラ特別賞等を初めとして、数多くの賞を受賞。特にスペイン音楽の演奏について各地で高い評価を受けている。

これまでに世界10カ国以上で演奏。特にスペインではカタルーニャ音楽堂、バレンシア音楽堂大ホール、L’Auditori等、スペインの各地主要ホールにて演奏を行ってきた。またソリストとして International Orchestra Virtuosos of Madrid(スペイン)、Mediterráneo Symphony Orchestra(スペイン)、Madri Chamber Orchestra(韓国)、Northen Rhin Westfallen Orchesterzentrum Chamber Orchestra(ドイツ)、Çukurova State Symphony Orchestra(トルコ)等と協奏曲を共演。2014年にはフランスのPiano à Castelnaudary音楽祭に招かれ、そのリサイタルは現地で高い評価を得た。

またソロ活動のみならず、ピアニスト佐久間(松本)あすかとのピアノデュオpiaNAとしても幅広い活動を行っている。特にニコライ・カプースチンの作品に傾倒しており、カプースチン自身と直接に交流をもつ数少ない日本人ピアニストの一人として国際的に知られている。2012年にはカプースチン本人よりpiaNAに2曲のピアノデュオ曲が献呈された。また、同年カプースチンの4手作品ばかりを集めたCD ”piaNA plays Kapustin”をリリース。第12回グリーグ国際ピアノコンクール4手部門では、piaNAとしてファイナリストディプロマを受賞した。2014年4月4日にはカプースチンより献呈された2曲「Three for two op.145」「Capriccio op.146」の世界初演を果たした。

オフィシャルサイト http://www2.furano.jp/natsuki/


【メッセージ】
PTNAっ子だった子供時代、一般大学に進みグランミューズな日々を送った時代、そして芸大に飛び込み、留学、国際コンクール、最愛の作曲家ニコライ・カプースチンとの出会い・・・と人生の中で様々な角度からピアノと過ごしてきました。色々な経験をしてきたことで、一人一人の状況に合ったアドバイスをすることができるかもしれないなと思っています。ピアノの楽しみ方は人それぞれ!でも知っておかなきゃならない、そして知っているともっと楽しくなる「クラシックピアノのオキテ」を一緒に学びませんか?

お申し込み完了からご返信まで 14日程度
Harada erika profile
原田 絵里香 先生(ハラダ エリカ)

【プロフィール】
東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校、東京音楽大学ピアノ演奏家コースを経て、同大学大学院音楽研究科器楽専攻修了。大学、大学院在学中特待奨学生。また同大学の短期留学奨学生として英国王立音楽院へ留学。2008年、同大学ティーチング・アシスタントを務める。
これまでにカワイ音楽コンクール全国大会金賞、彩の国埼玉ピアノコンクール金賞、東京音楽大学コンクールピアノ部門第1位、ピティナ・ピアノコンペティション特級ファイナル入選、第5回東京芸術センター記念ピアノコンクール銀賞、2010 Asia International Piano Academy & Festival Competition in Korea金賞等受賞の他、日本、イギリス、台湾等国内外の演奏会に多数出演。また東京ニューシティ管弦楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団等と共演。
現在、日本各地に於いてリサイタル、室内楽、器楽伴奏等、幅広く演奏活動を行い、後進の指導にも力を入れている。
また2015年タイ、バンコクにて演奏会に出演予定。

【メッセージ】
言葉が通じなくとも、心が通い合えるもの…それこそ「音楽」。
国を越え時間を越え、偉大な芸術家の言葉を楽譜から読み取る事ができる、それこそ最大の喜び。この思いで探究を続けてまいりました。
楽譜から汲み取る事のできる言葉、皆様が曲から感じるインスピレーションを軸に、より良く表現できるようお手伝いさせていただきます。
これまで3歳のお子様からご年配の方までレッスンさせていただいております。1人1人に合ったご自宅での練習法、演奏法、選曲法などもお伝えいたします。
皆様の演奏をお聴かせいただける事、心待ちにしております!

お申し込み完了からご返信まで 14日程度
Photo handa lica
ハンダ 里加 先生(ハンダ リカ)

【プロフィール】
桐朋学園大学演奏学科ピアノ科卒業後6年間ドイツに留学。ミュンヘン国立音楽大学大学院をマイスターディプロマを取得し修了した後シュトゥットガルト芸術大学大学院をソリストディプロマ (ドイツ国家演奏家資格)を取得し修了。
帰国後はカザルスホールでのデビューリサイタル (1999年)以降、東京文化会館小ホールでの自主リサイタル、仙台モーツアルト協会例会、国際シューベルト協会例会、ヤマハミュージックリテイリング (株)企画による『親子で楽しむピアノ名曲コンサート』シリーズ等活躍の場を広げてきた。R.I.ジャパン主催による難民の子供たちのためのチャリティーコンサートや東日本復興応援企画の演奏会といったチャリティーイベントにも積極的に参加。ピアノコンチェルトでは多くのオーケストラとの共演を果たす。放送では『NHK-FM名曲リサイタル』等に出演。自主レーベルにてリリースしたピアノ小品集のCD 『Oriental』(製作/響き工房)はヤマハ銀座店にて発売。
2007年よりサンフランシスコイーストベイエリアに4年間滞在した間にはSherman Clay主催によるオールショパンプログラムによるリサイタルなどの演奏活動を行う。2012年より南カリフォルニアに居を移し、最近では地元の音楽家達による演奏会シリーズ『Moment Musicale』に度々出演、ローカルテレビ番組『Channel 6』に生出演・インタビューを受けている。また2014年1月より月に一度自宅にてホームコンサートのシリーズを開始。多彩なレパートリーを持つソロや高いアンサンブル能力を生かした室内楽による意欲的な内容のプログラムと真摯な演奏が話題を呼び、月刊誌『Coto Living』にてロングインタビューを受け紹介される。現在南カリフォルニア オレンジカウンティ (OC)在住。
これまでに田近完、ゲルハルト オピッツ、アンドレ マーシャン各氏に師事。

【メッセージ】
POSTでは皆様の熱演に真剣に耳を傾け、実際に演奏の助けとなるようなアドバイスを差し上げられますよう尽力したいと存じます。お一人お一人の魅力ある個性をさらに輝かせることが叶いましたら喜びです。

お申し込み完了からご返信まで 7日程度
Eri mantani for ptna
萬谷 衣里 先生(マンタニ エリ)

【プロフィール】
東京藝術大学、同大学大学院修了。カサランデ国際ピアノコンクール最高位ならびにシューベルト賞、リスト国際ピアノコンクール最高位、シューベルト国際ピアノコンクール入賞、ルーマニア音楽コンクール第1位。2009年度音楽クリティック・クラブ奨励賞、2014年度青山音楽賞。2011年デビューアルバム「イーストサイド・ラプソディ~リスト&エネスク~」をリリース。在学中より毎年定期的にリサイタルを行いながら、現在はベルリンを拠点に、ヨーロッパ各国の音楽祭やリサイタルに出演している。(財)ロームミュージックファンデーション、(財)ヤマハ音楽振興会各奨学生としてロストック音楽大学ピアノ科および室内楽科に留学、ドイツ国家演奏家資格を取得。2007年より同大学非常勤講師。

オフィシャルサイト http://www.erimantani.com


【メッセージ】
POSTのページをご覧くださっているピアニストの皆様へ。
ピティナの新しい試みである、インターネットを通じたマンツーマンのアドバイスシステムに、指導者として関わらせていただけることを、大変嬉しく思っています。わたし自身、これまでに参加したコンクールやオーディションでは、先生方からの講評をいただくことが大きな楽しみ、励みであり、緊張する瞬間でもありました。また、現役のピアニストの方々からのアドバイスには、思いもよらないヒントが隠されていたりして、それらは必ず次のステップへとつながったものでした。
POSTでは演奏動画が繰り返し再生できるため、一回きりのステージ演奏を聴かせていただく時とは異なった方法で、より具体的なアドバイスを差し上げることが可能になるかと思います。
皆様が、音楽をご自身の言葉として語り、表現し、伝えるという過程の中で、少しでもお力になれることがありましたら幸いです。

お申し込み完了からご返信まで 14日程度

お問合せ

お問い合わせはこちらからお願いします。